HOME>注目記事>単身赴任者は要チェック!【賃貸物件選びの方法】

単身赴任者は要チェック!【賃貸物件選びの方法】

積み木の家と鍵

単身赴任が決まった時の賃貸物件契約の流れ

単身赴任用賃貸物件契約は、問い合わせ、内覧、申し込み、契約、引っ越しという流れになります。単身赴任する人専用の物件サイトや、契約請負業者などがたくさんありますので、そのサービスを利用するとスムーズです。

賃貸マンションと分譲マンションのメリットを比較!

賃貸マンションのメリット

賃貸マンションは、ライフスタイルに合わせて住み替えが出来ます。家族が増えた、近所付き合いが面倒など様々な理由で気に入らなくなった場合、気軽に引っ越すことが出来るのがメリットの一つです。

分譲マンションのメリット

団信などに加入していれば、病気やけがをしたときにローン支払いを停止、免除されるというメリットがあります。また早めに購入しておくことで、将来ローンを払い終わったときに手元に残る資産となる、というメリットも挙げられます。

ライフスタイルや人生設計に合わせて物件探しをしよう

例えば独身の人と、子供が二人いる家庭では、ライフスタイルや必要部屋数が大きく異なります。自分のライフスタイルに合わせて適切な物件を選ぶことで、より快適な日常を送れるようになります。

物件選びで注意しておきたい事ランキング

男性
no.1

近隣のお店や住など周りの環境

その地域全体の雰囲気や、住民の雰囲気を知っておくことは重要です。ある程度自分に合って許容出来るような雰囲気のところを見つけましょう。

no.2

安さは重要だが家賃だけで決定しない

安さのみを重視して決めてしまうと、あとでトラブルの元になります。安い理由を見ておく、家賃以外の条件も決めておくことが注意点として挙げられます。

no.3

通勤、通学のシミュレーションのしやすさ

学校や会社に行きやすいかどうかもポイントです。あまり遠いと、交通費がかかり家賃が安くても意味がなくなってしまうので、必ずシュミレーションしましょう。

no.4

日当たりの良さ、南向きなど

日当たりが悪いと、洗濯物も乾きにくく気持ちもどんよりしがちです。そのため、内覧は昼間のうちにいくのがおすすめです。

no.5

ライフスタイルに合った間取り

住む人の人数や、料理をするかしないかなどで適切な間取りは変わってきます。自分に合った間取りを見つけましょう。